ホーム>Southern Blue Escape Blog

Southern Blue Escape Blog

オーストラリア:ワイナリーの開放感

ワイナリーの開放感.jpg

オーストラリアで生活して、一番印象が変わったのは、ワイナリーに関する私自身の理解でしょうか。日本でも、何度かワイナリーを訪れたことはありましたが、そこはあくまでワインを買うとことろというイメージでした。もちろん、訪れた人のために、ワインに関する展示があったり、レストランが併設されたりはしてはいましたが、特別な場所という感じはしませんでしたし、長居をする場所とも思いませんでした。

オーストラリアの代表的なワイナリーに行くとそのイメージは一変しました。前にも述べましたが、オーストラリアの人たちは食べ物やワインを議論するのが大好きな様で、ワインセラーでも試飲を繰り返しながら飲んだワインに関するディスカッションを長々としているのです。そのうち、ワインだけでなく、色々な話に議論は展開していきます。そうやって、ゆっくりと時間を過ごすのです。

ワインセラーのそばにはきちんとしたレストランも併設されていることが多く、それらのレストランは緑のワイン畠に向かって解放されています。オーストラリア の大きな青空と緑のコンビネーションが少し酔った身体には、とても気持ちよく感じられます。

ワイナリーを巡ることがこんなに楽しいとは思ってもみませんでした。写真はメルボルン郊外のワイナリーです。

 

オーストラリアのレストラン模様

201982715518.jpg

オーストラリアでちょっとしたレストランに行くと、よく見る情景があります。カップルが2組連れで、同じテーブルを囲むシーンです。歳の頃は30代から50代ぐらいのカップルがお洒落してレストランのバーカウンターで食前酒を飲んでいると、後から同じくらいのカップルが合流してきます。その2組で少しお酒を飲んで、テーブルに移っていきます。2組の大人のカップルがレストランで食事するということは、あまり日本では見ない景色ですが、オーストラリアでは度々、直面することがありました、

彼等はテーブルに座ると、大体、メニューを見て議論を始めます。オーダーするものを相談しているようです。そういう人にためにか、オーストラリアのレストランのメニューはかなり詳細な情報が記載されています。原材料や料理の仕方はもちろんのこと、さらに牛肉なら生産地や飼料の内容なども書きこんであります。日本で「関サバ、関アジ」や「大間のマグロ」のようなブランドがあるのでしょう。それらの情報を見て、彼等はかなり長い間、話し込んでオーダーを決めます。

日本でもし、こんなに話し合って決めたら、お互いのものをちょっともらって食べたりするように思うのですが、彼等は決して他の人の料理をもらったりしていませんでした。

カップル2組でレストランに来るというのも、日本では見かけない情景ですし、ましてみんなでオーダーを相談しあうというのも日本ではあまり見かけません。こういう情景を見ていると、文化の違いを実感します。

上の写真は、メルボルンでの食べたWagyu(和牛)です。なお、原産地はタスマニアと書いてありました。

 

ケアンズ:ブーゲンビリアの散歩道

パームコーブ のブーゲンビリア.jpg

海外に行くと、住宅街を散歩します。ダウンタウンの真ん中では感じられない人々の暮らしを想像することができるからです。そのためには、ちょっと郊外に宿をとり、ブラブラと宿の周りを歩き回ります。

美しい住宅街として印象に残っているのは、なんと言ってもケアンズの郊外、パームコーブ です。パームコーブ はケアンズ市内から車で20分程です。海岸沿いの目抜き通りには、レストランやお土産屋が並んでいて、ちょっとその裏手にホテルが点在します。ホテルの周りには、現地の人達の住宅街が広がっています。

住宅街と言っても、別荘が多いかもしれません。街はとても綺麗に整備されていて、街の中を巡回するように鋪道が設けられていました。その鋪道の脇には至る所にブーゲンビリアが植えられていて、ブーゲンビリアの赤紫が南国の強い太陽の光を受けて、輝いていました。

豪華絢爛というわけではありませんが、清潔で静かに日常生活を楽しいでいる人たちを実感できる、そんな散歩道でした。日本では感じたことのない時間が過ぎていきます。

ワイナリー巡りの楽しみ

オーストラリアのワイナリー.jpg

オーストラリアのワイナリー巡りの楽しみは、たんに美味しいワインに出会えるからだけではありません。もちろん、それもありますが、ワイナリーではそれぞれの「おもてなし」を用意してあり、それを比べてみる楽しみもあります。ワインそれだけを売りにしているところもあれば、西部開拓時代のような雰囲気を醸し出しているところもあったりします。美味しいレストランを併設しているところもあります。

写真は、メルボルン郊外のモーニントン半島にあるポート・フィリップ・エステートです。このワイナリーは、まるで美術館のような綺麗な建物が印象的です。あまり人家もない地域に、とても美しい白い建物があります。その趣きはとてもクールで、センスの良さを感じざるを得ません。セルラードアの入り口には、白い花が活けてありました。

下の写真は、このワイナリーの入り口です。オーストラリアの青い空と白い建物のコントラストが印象的でした。

メルボルンのワイナリー.jpg

 

シドニー空港で白ワインを

オーストラリアの白ワイン.jpg

旅の疲れで、少し元気がない時は、軽くアルコールを頂きます。シドニー飛行場に着くと、時間があったので、バーカウンターに座って白ワインをオーダーしました。お気に入りは、リースリングのドライ(辛口)です。リースリングはドイツワインとして有名ですが、それはどちらかといえば、甘口のものが多いようです。オーストラリアではすっきりとして、かつフルーティな辛口のリースリングを楽しむことができます、

リースリングをオーダーすると、Leo Buring というワインが提供されました。ネットで調べてみると、アデレード 近郊のクレアバレーのワインです。アデレード近郊はドイツ人の入植が進んだ場所で、ハーンドルフのようなドイツ人の街もあります。オーストラリアの友人は、アデレード という名前そのものがドイツ系だと言っていました。

このワインは、とてもすっきりして飲みやすかったです。オーストラリアではグラスワインを頼んでも、上の写真のようにボトルを置いてくれることがあります。日本の割と良いレストランではこのような提供の仕方をしてくれることがありますが、あまり多くはありません。

ワイングラスとボトルの向こうから、飛行場の光が差し込んできました。

オーストラリア:7月のクリスマス

オーストラリアのクリスマスツリー.jpg

オーストラリア では7月にクリスマスを祝います。正確には、7月にも祝うというべきでしょうか。もちろん、12月のクリスマスも祝いますが、この12月はオーストラリア では真夏。雪は降りませんし、サンタクロースには暑そうです。オーストラリア の人達は、イギリスはもちろんのこと、ドイツやフランスなどの北半球にルーツをもつので、やはり真夏のクリスマスには違和感があるようで、真冬の7月もクリスマスを祝うようです。

上の写真は、シドニー 郊外のブルーマウンテンズにあるB&Bにあったクリスマスツリーです。ブルーマウンテンズはシドニーから電車で約2時間ですが、この時期には雪が降ることもあります。オーストラリア というと南国のイメージが強いのですが、首都のキャベラの近郊には、スキー場もあるほどです。訪れたのは7月の上旬でしたが、朝夕はとても寒く、暖炉の火があかあかと燃えていました。

日本とは全く異なる季節感を味わえるのはオーストラリア旅行の魅力の一つです。

メルボルン:ヤラ川の夕景

メルボルンの夕景.jpg

メルボルンはヤラ川河口に発達した街です。このような街の作り方はよく、オーストラリアでは見られます。パースは、スワン川に沿って発達しましたし、ブリスベンも街の真ん中に曲がりくねったブリスベン川が横断していて、そこを無料のボートが走っていました。このような街の作り方は、考えてみるとロンドンと同じということに気づきます。やはり、英国文化の強い国です。

これらの街は、川ぎわに高いビルを建てる傾向にあります。水面に映るビルの灯りを楽しむためでしょうか。そして、このビルと川の間はどこも遊歩道が作られます。その遊歩道を沿ってバーやレストランが立ち並びます。オーストリアの友人たちと食事をすると、必ずこのようなバーで軽くワインやカクテルを飲んでから、レストランでディナーを摂ることになります。軽くお酒をいただいた後、川から吹く風を感じながら、ほろよい気分でレストランまで歩いて行くのは、とても気落ち良いものです。

日本のお酒の飲み方とは全く違うもので、そこでもオーストリアに来たんだなーと思います。

オーストラリアのB&B

オーストラリアのB&B.jpg

上の写真は、ブリスベン郊外のB&Bを訪れた時のものです。ファームステイを望んでいたわけでなく、何となく選んだB&Bでは牛が飼われていました。オーナー夫妻はリタイア後、イギリスから移住してきた人達でしたが、本格的に酪農をやっているわけでなく、牛乳を飲むために牛を飼っていると仰っていました。

他のB&Bでも、行ってみると農場を運営しているついでにB&Bをやっているというケースがありました。都心から郊外へ1時間半も走るとこんなB&Bがあります。そこでは、とても広い大地と大きな青い空があります。訪れたオーストラリアのB&Bはどこもとても清潔で、居心地の良い宿泊施設でした。牛が馬がいる割には、乾燥しているせいか、全く臭いはありませんでした。また、これらの郊外に行くと、ほぼどこでも野生のカンガルーを見ることができました。

日本では決して味わうことのない開放感を味わうことができます。

 

オーストラリア 旅行で必ず行く場所〜植物園

201968163125.jpg

オーストラリア旅行に行く時、必ず寄る場所があります。植物園、ボタニックガーデンです。

住んでいたブリスベンでは、中心街であるクィーンズ・ストリートから歩いて10分ほど、川べりにとても静かで、大きな植物園がありました。朝夕は、ジョキングをする人で賑わいますが、昼下がりは掃除をする係りの人ぐらいで、オーストラリアの青空の下に広がる緑の空間を独占することができます。キャンベラでは熱帯雨林が丘陵地帯に作り込まれていました。シドニーでは、街のアイコンであるオペラハウスの裏手に港を見渡せる植物園が設けられています。

オーストラリアの都市には必ず綺麗な植物園が整備されていますが、最も印象的なのは、パースのキングスパーク&ボタニックガーデンです。この公園は、街の中心部からバスで10分ほど、街全体を見渡す小高い丘の上に設けらてれいます。この公園から、見るパースの街がとても美しく、パースというとその情景を思い出します。

訪れたのは9月でしたが、公園は春の訪れを表すように花々が咲き始めていました。この公園では、西オーストラリア州を代表するワイルドフラワーが展示されており、それにも強い印象を覚えました。

オーストラリア旅行の予算

パームコーブのホテル.jpg

オーストラリアの物価が高いのは事実です。特にレストランは日本のようにファミレスの形態が発達しておらず、きちんとしたレストランが主体です。結果、夕食などは簡単に4〜5千円かかることになります。もちろん、フードコートのようなB級グルメのお店もないわけではありませんが、閉店時間が早いことが多く、夕食の時間にはやっていないことになります。食事の面だけ見れば、オーストラリア旅行は割高ということになります。

反面、宿泊費は日本に比べると安いと思います。100ドルも出せば、結構きちんとしたホテルに泊まることが可能です(ウルルやハミルトン島などの人気観光地を除きますが)。宿泊施設の様式もホテルだけではなく、アパートメントやロッジ、B&Bと多様です。一般にこれらの宿泊施設には簡易のキッチンが付いていることが多く、軽い食事は十分に楽しむことができます。

上記、写真はケアンズ郊外パームコーブのホテルです。このホテルのバスルームにはバスタブもありました。写真の奥に見えるように簡易キッチンも付いています。100ドル(約8千円)で宿泊できました。見た通り、ツインのお部屋ですので、1人4千円ということになります。

日本の旅館でも大体一人一泊1万5千円が相場ではないでしょうか?これに対し、オーストラリア の旅行費は1日あたり、これ以下で収まることになります。もちろん、飛行機代は別ですが。。。

ページ上部へ