ホーム>Southern Blue Escape Blog>ウルル エアーズロック

ウルル エアーズロック

ウルルへのベストプラン

2019273048.jpg

 

第1日     夜羽田発   機内泊
第2日 シドニー乗継 正午エアーズロック 着 ウルル観光 Sound Of Slince ウルル泊
第3日 サンセット ウルル観光 Filed of Lights ウルル泊
第4日   正午エアーズロック 発 午後シドニー着 シドニー観光 シドニー泊
第5日     夜シドニー 発   機内泊
第6日 早朝羽田着        

 

ウルルへの登頂禁止が報道されて、ウルルに関する問い合わせが急増中です。多くの方が、5泊6日で日程を組まれているようですので、参考のためにモデルケースを提示しておきます。注意点は以下の通りです。

1. 飛行機は国際線および国内線ともに直行便であること。

 格安ツアーの内容などを見ていると、国際線も香港などでの乗り継ぎ、国内線もアリススプリングスでの乗り継ぎとなっており、結果として片道30時間以上かかるものも少なくありません。飛行機の時間および乗継時間は出来るだけ少ないにこしたことはありません。金額を気を取られて貴重な時間を無駄にするのは無意味です。現地でできるだけ時間を取ることを考えると、少々予算がオーバーしてもこの条件は守らなくてはなりません。

2.経由地はシドニーであること。

 ケアンズを経由地とするツアーが多いようですが、ケアンズとなると東京からの国際線直行便は1つしかありません。シドニーを経由とすると国際線もJAL、ANA、カンタスとなり選択肢が増大します。エアーズロックへの航空便もケアンズからは1社1往復であるの対し、シドニーからは2社2往復となり、選択肢が増えます。

3.ウルルは今でも原則、登頂不可であること。

 現在の報道では、いかにも本年度10月から登頂ができなくなるような報道ですが、現在でも登頂は原則認められていません。アボリジニの人たちにとっては聖地であるので、登頂は遠慮してほしいとはっきりと登頂口の看板に書いてあります。欧米人はそのあたりはしっかりと敬意を払い、あまり登っていません。日本人をはじめとするアジア系の人たちだけが登っているような状況です。登頂する際はその点を理解して下さい。登ってみると少し恥ずかしい思いをします。

4.ウルルの最大の魅力は光の変化であること。

 ウルルという世界最大級の1枚岩に当たる朝夕の陽はとても美しく心に残ります。また、夜の星空も他では見られないほど、美しいです。それらを満喫するために最もおすすめの方法は、レンタカーを借りて自分の好きな時間にウルルをいろんな方向から見てみることだと思います。それが不可能ならば、Ayers Rock Resort の運営するバスに乗ってウルルやカタジュタを回ることをお勧めします。ツアーでは味わえない深い感動があなたを包むでしょう。

5.ウルルには最低2泊すること。

 朝陽、夕陽の美しさを時間を忘れて堪能しようとすると、1日完全にウルルに滞在する日を作らなくてはいけません。1泊2日だと、来た日は荷を解くとすぐ夕陽を見に行かなくてはいけず、2日目は朝陽を見ていると途中で、荷造りをしなくはいけません。また、この日程ではカタジュタを訪れる時間はありません。これを避けるために、ウルルで2泊することをお勧めします。

5.最低でも1日の余裕を旅程に作ること

 上記、日程では5日目を移動日として1日の余裕を持たせています。これには意味があります。ウルルからの国内便は遅延や欠航するおそれがあります。キチキチで日程を組んでいるともし欠航した場合、当日の国際線に乗れない可能性が生じます。その危険性を回避するためには、この日程がベストだと思われます。

写真は、ウルルを登頂した父親です。77歳のことでした。

 

安価で豊かな海外旅行のために

2019128165929.jpg

海外旅行をできるだけリーズナブルに楽しみたいという方が多いと思います。そういう方は、自分で大手旅行会社のHPで格安航空券とホテルがパッケージになったものを購入されると思います。このようなパッケージには現地のツアーが含まれていないので、それらも追加購入することになるかと思います。そうすると、実はほとんど旅行会社のパッケージツアーを申し込んだものと変わらず、値段もそれほど安くならないことになります。

このような海外旅行の方法には、いくつかの問題があります。まず第一に、格安航空券はLCCなどを使用したり、あるいは乗継が複数回かかるものを利用することが多く、現地の滞在時間がとても短くなっているケースが少なくありません。海外旅行のほとんどの時間が飛行機と飛行場で過ぎるような旅行には意味がありません。第二に、現地オプションツアーを日本語ツアーで申し込むと割高になることが多く、かつそれらのツアーについている食事は多くの場合、今一つのことが多いように思います。また、これらのツアーを少ない現地の滞在時間の中に入れ込むと時間に追われることになり、豊かな海外旅行とは程遠いものになります。

現地オプションツアーを日本で申し込むで行くのはあまり賢いやり方ではありません。なぜなら、現地の天候やご自身の体調によって、旅の計画は変更を余儀なくされることが多く、事前にすべてを決めない方がより合理的な旅行を楽しむことができます。海外のホテルには必ずツアーデスクやコンシェルジェサービスが設けてあり、それらを利用することが海外旅行の豊かにするコツだと思います。あるいは、コンシェルジェやホテルのフロントに相談すると、割と簡単に公共交通機関を使った観光の仕方を教えてくれます。英語がと思われるかもしれませんが、意外とそれらの人々はこちらの理解を推察してくれて、地図などを使って説明してくれます。それでも自身がない方は、スマホや翻訳機を使えば大丈夫です。

例えば、ウルルに行きたいと思ったら、まるで現地のオプションツアーに申し込まなくてはいないように書かれてあるガイドブックが多いですよね。現地に乗り降り自由のバスがあることはあまり触れられることはありません。これを使えば、ツアーに入らずに自由にウルルを楽しむことが可能です。

あるいは、「ウルル登頂機会2回確保」などと書かれた格安ツアーがあります。それらのツアーをよく見ると、ウルルに午後について翌日の正午にはウルルを出発することになっていることが多く、とても忙しいツアーになっています。多分、ウルルには行くとしても人生の中で1回きりでしょう。そうだとしたら、その機会をそのような短い時間で済ませんるのはとてももったいないと思います。

ゆったりとした余裕があって、かつあまり無駄なお金を使わない海外旅行を私たちは提案します。

写真はケアンズ郊外パームコーブの別荘街の風景です。

エアーズロック (ウルル)の予約状況

201811142430.jpg

エアーズロック(ウルル)は当社でも一番人気のデスティネーションです。問い合わせも多いです。また、他の目的で1週間以上、オーストラリア観光をされるお客様には、必ずウルルをお勧めします。オーストラリアでも自信をもってお勧めする場所の一つです。お勧めする最大の理由は、日本にはない「雄大さ」です。乾燥した赤い大地に、突然現れる一枚岩には言葉を失います。それは神聖なものに出会った感覚につながっていきます。

ウルルに登頂禁止のニュースが流れたせいか、現在ウルルはとても混み合っていて、予約がとても取りにくい状況です。先月、今月と何組かのお客様がウルルに行かれますが、みなさん、半年前には予約されています。この状況は来年へ続くと思います。あるいは、より厳しいものになっていくことが予想されます。それでも、ウルルには行かれることをお勧めします。できれば、少なくとも2泊以上して下さい。あの大きな岩をただ見てるだけで、あるいはその存在を感じるだけで満ち足りた時間を過ごせる場所です。

 

写真は、最近、ウルルに行かれたTA様から送って頂いたものです。初めて、この写真を見たとき、まるで大きな羊が大地に伏せているようだと思ったのですが、今見てみると、象が遠くで歩いているようにも思えてきました。

 

ウルル:新しい海外旅行の喜びを

20187935536.jpg

ウルルが大変、人気です。すでに来年の予約も一杯になりつつあります。多分、来年の登頂禁止が決まったせいなのでしょう。ウルル登頂を願う人が滑り込みで申し込みを行なっているという状況なのではないかと思います。

しかし、ウルルは登頂しなくても、十分楽しめる場所です。むしろ、実際にウルルに行ってみると、そこは特別の場所でアボリジニの人たちが聖地として、この一枚岩を大切にしていることがよく分かります。その思いを知ると、登るべき場所ではないように思います。

ウルルは登れないとしても、何度も訪れたい場所の一つです。なぜなら、ウルルの風土は私たちが暮らしている日本のそれとは全く対照的だからです。ウルルの周りは赤茶けた砂漠の大地で、木々もまばらです。高潤で樹木が密集した日本の風土とは全く逆です。そこでは、当たり前の景色、例えば朝焼けや夕暮れ、あるいは夜空も全く日本で見るものとは違います。湿度が低く、かつ遮るものが全くないので、朝陽や夕陽は鮮やかで、ウルルの岩肌を美しく染め上げます。また、空の透明感が高いので、そこでの星空は世界的にも有名です。

そこは日本での日常生活とは全く異なる空間を実感できる世界です。そのような世界に身をおくと、普段の暮らしがとても遠くに思えます。心がリフレッシュできます。

しばしば、リゾートと観光地は違うということが指摘されます。観光地が物見雄山で1回きり、訪れる場所であるのに対し、リゾートはゆったりと繰り返し訪れる場所をさします。日本人の多くが温泉に行くのは、まさにリゾートしての楽しみを求めてと行って良いでしょう。海外旅行も観光ではなく、リゾートの喜びを求めて行って欲しいと思います。ウルルはその雄大さが紡ぎ出すゆったりとした雰囲気はリゾートの相応しい場所と言えます。それは私たちの皆さんの提供したいと願う「エスケープ」の一つの代表的な形態です。

リゾート地としてのウルルを実感するために、お客様には少なくとも2泊をお勧めしています。

写真は、夕暮れのカタジュタ(風の谷)です。

ウルルでの過ごし方

2018727652.jpg

ウルルというと、多くの方が登頂ということになるようです。前にも述べましたが、あまり登頂はお勧めではありません。思った以上に危険だからです。毎年、数人の死亡者が出るらしいですが、実際登ってみると分かります。1枚岩ですから、樹木はもろろんのこと、ほとんどつかまるものがありません(一番、急な斜面には鎖が張ってありますが)。表面はツルツルで、かつ濡れている(ウルルはアボリジニにとっては貴重な水場です)ので、とても滑りやすいです。よく格安ツアーでケアンズから1泊2日でウルル登頂ツアーなどの売出しがありますが、とても危険なツアーだと思います。

また、ウルルはアボリジニにとって聖地ですので、その意味でもあまり登頂することはお勧めではありません。行ってみるとわかりますが、ウルルは確かに他の場所にない、独特の静謐感が漂う場所です。何もない砂漠の中に、突然、一枚岩が現出する景色は言葉にならないものがあります。

登頂もせずに、何をするの、という疑問があるかもしれません。お勧めは、レンタカーを借りてのドライブです。ツアーで回らない場所を車を走らせることによって、自分だけの美しいウルルを見ることができます。有名なサンセット、サンライズも車があれば、多様な方向から見ることができます。光の角度によって、全く違うウルルの表情を鑑賞することになります。これも車がないとできないことです。

ホテルが集まったエアーズロックリゾートからウルルまで車で20分ほど、かかりますので、車がないと何をするにしてもツアーに入ることになり、行動がかなり制約されることになりますが、レンタカーがあれば自由にウルルおよびカタジュタを見て間れることになります。

ウルルの周囲は砂漠で、道はまっすぐ、車の量も多くなく、日本で運転するよりも楽です。また、右ハンドルですから、ほとんど違和感もありません。信号もあまりなかったように思います。今まで運転した中で一番、運転して楽しい場所でした。

また車があると、夜、ホテルを抜け出して最高の夜空を見ることができます。ホテルの周りはまだ光がありますが、5分も走ると真っ暗で、頭上から満点の星が降ってきます。この光景は、車がないと楽しません。ウルルに行って、この星空を見ないのは考えられません。

写真はカタジュタに行く途中にある展望台からの景色です。

ウルル(エアーズロック)に行く前に知っておく事

201832510502.jpg

 

夏にウルル(エアーズロック)に希望され方の問い合わせが続いています。ウルル旅行を企画する時には必要な知識をまとめておきます。

①距離感の問題:思った以上に遠い

「シドニーに行くついでに、せっかくだからウルルに行きたい」という問い合わせが結構、来ます。気落ちはよくわかります。オーストラリアに行ったのだから、ウルルも行ってみたいと思われるのでしょう。シドニーとウルルの距離が、東京と高尾山の感じで話される方が多いのですが、実際のシドニー 〜ウルル間は2800キロもあります。この距離は北海道〜沖縄間とほぼ同じです。1日目にシドニー に泊まって、翌日はウルルに日帰りしたいというお客様もいらっしゃいます。それは札幌に宿泊して、石垣島を日帰りしたいというのと同じです。

②飛行機:直行便の数と飛行機の大きさ

日本からウルルへ行くのは、シドニー、ケアンズ、メルボルンのいずれかで乗り換えることになります。日本から行くと、ケアンズが一番、便利ですが、1日1便しかありません。シドニーは1日4便ありますが、あまり大きな飛行機ではありませんので、すぐ売り切れになり、アリススプリングスという飛行場を中継して行くことになります。

③宿泊施設:その少なさ

最高級ロッジであるロンギチュード131を別にすると、他の4つの宿泊施設はエアーズロックリゾートという場所にあります。エアーズロックまでには車で25分の距離です。世界的にも有名な観光地であるのに関わらず、4つのホテルしかないのですから、混むのは当然です。

④ウルルの登頂:その危険さ

ウルルの登頂禁止が話題になっていますが、ウルルが現在でも登頂は推奨されていません。上の写真は、ウルルの登頂口ですが、"No Entry"とはっきり書いております。また、登り口にある看板には「ここはアボリジニの聖地なので、登らないで下さい」と書いてあります。写真の上の方を見てもらうと、急に傾斜が厳しくなっていることがわかります。ここには、鎖が張ってあって、それに捕まって登ることになります。想像以上に急坂です。300メートルそこそこのウルルですから、それほど急ではないと思って行ったのですが、この傾斜には驚きました。この傾斜で強風が吹けば、かなり危険です。また、ウルルの岩肌はなぜか湿っていますので、すべり落ち危険性があります。

⑤格安ツアーの罠

確かに安いツアーもあります。それらのツアー日程をよくみると、シドニーに朝ついて(日本は深夜に出発して)、そのまま、ウルルに行けるのかと思えば、途中のアリススプリングで乗り換えで3時間待で、ウルルに着くのは、夕方4時近く。翌朝は5時に起きて、朝日を見に行き、そのまま、エアーズロックに登り、降りて来たら飛行場に向かうというものでした。弾丸ツアーですね。かなり疲れそうですね。疲れたまま、エアーズロックに登るのは危険でもあります。

 

以上の点に注意して、ウルルを楽しんで下さい。できれば、ウルルは最低でも2泊以上して下さい。1泊では、朝昼晩と表情を変えるウルルを見ることはできません。せっかくだから、ゆっくりと旅程を組むことをお勧めします。ウルルで過ごした時間は、決して忘れることはないでしょう。

ウルルを勧めたお客様達は、必ず満足されています。

 

 

ウルルの予約はお早めに

20181481530.jpg

ウルルに関するお問い合わせや「ウルルのベスト・シーズン」へのアクセスが急速に増えています。5月の連休や夏休み、ウルルを訪れようとされる方がかなり、いらっしゃる様です。ウルルの登頂禁止のニュースが流れたせいかもしれません。

ウルルに行こうとお考えでしたら、ウルルに最低2泊することをオススメしています。理由は簡単です。ウルルの朝焼けと夕焼けをゆっくり見るためです。1泊2日でも両方を見ることは可能ですが、2日目の昼過ぎにはウルルを出発することになり、朝ゆっくり日の出をみる余裕はありません。ウルルで最低2泊することを考えると、オーストラリア の往復に飛行機泊が2泊必要になりますので、4泊5日が標準的な旅程になるかと思います。

機内2泊、現地2泊という日程がきついとお考えでしたら、行きがけにシドニーないしはメルボルンで1泊することをオススメします。そうすると、5泊6日の旅ということになります。ほぼ1週間の日程が必要ということになります。多くの方にとって、これだけの休みがとれるのは5月の連休か、夏休みということになると思われます。

5月の連休に関しては、日程によりますが、まだギリギリ、チケットが手配可能です。夏休みはまだ、余裕がありそうですので、ぜひ早めにお問合せください。

写真は、ウルルの朝焼けです。大きな一枚岩が暗闇の中から朝日に照らされて赤い巨体を出現させていく様子は、まるで大きな動物の目覚めのようでした。忘れられない光景の一つです。

ウルル、登頂禁止へ

2017112810460.jpg

ウルルの登頂禁止が決まりました。以前から話題になっていたのですが、いよいよ決定されたようです。実際、現地に行くと看板が立っており、危険でかつ原住民の聖地でもあるので登頂を遠慮してほしいとの掲示がありました。私たちは、登ってみたのですが、確かに最後の傾斜が急で危険でした。写真は、頂上からカタ・ジュタ(Kata Tjuta)を見たものです。

登らなくても、朝夕は息をのむ景色を十分に楽しめますので、ぜひ行かれることをお勧めします。行かれたお客様もみなさん、感動されています。

ただ、今の時期(日本の冬)は当地の真夏で、灼熱の日々ですので、他の時期をお勧めします。

 

ハネムーン8日間:ハミルトン島・エアーズロック

201612881344.jpg

 

来年の6月出発ハネムーンの手配依頼を受けました。7泊8日の予定です。
大まかな旅程は次の通りです。

 

 

1日目 成田発
2日目 ハミルトン島
3日目 ハミルトン島
4日目 ケアンズ
5日目 ウルル
6日目 ウルル
7日目 シドニー
8日目 羽田到着

 

この旅程の特徴は、ハートリーフで有名なウイットサンデー諸島(ハミルトン島)とウルル(エアーズロック)のもっとも人気の2つのスポットを巡るだけでなく、シドニー・ケアンズといった都市も含まれている点です。もちろん、これもお客様の希望に沿ったものです。

写真は、Tourism Whitsundays の許可を得て使用しています。

 

 

ウルルのベスト・シーズン

20163187259.jpg

 

ウルルは砂漠の真ん中ですから、真夏(12、1、2月)に行くととても熱いです。平均気温が35度と言いますから、日によっては40度を超えるでしょう。

一般的にウルルは5月から9月、秋から早春がオススメの時期と言われていますが、6月の後半から7月の後半はオーストラリアの学校の冬休みに当たりますし、ウルルの冬は夜になるとかなり冷えます(7月の平均最低気温が5度)ので、この時期を避けるのが無難でしょう。

これに日本のお休みのカレンダーを重ねて考えると、5月の連休が終わった時期か、8月の後半から9月がベストシーズンということになります。

海外のネットを調べると、8月後半から9月はウルルには珍しく雨が降ることもあり、その後にきれいな花々が咲き乱れるという情報もあります。

私たちがウルルを訪れたのは10月でしたが、昼間もそれほど暑くなく、夜も寒くもなく気持ち良い日々を過ごした覚えがあります。

ウルルは宿泊地域が限られているせいで、その料金は高めです。もし、安い旅行をお望みならば、逆に真夏の時期(12、1、2月)に行かれることをオススメします。

ウルルに関しては、私たちの標準プランをご覧ください。あるいは、ウルルを行かれたお客様(H様ご家族およびY&M様ご夫妻)の声もご覧下さい。

また、ウルルを行く際に知っておくべきポイントをまとめました。

より詳細な点はご相談ください。

 

ページ上部へ